THE MASTERBLASTER

logo J=Jason

125-96-114

パワフルかつウルトラ敏感板。圧雪を滑るだけではもったいない。

最新モデルMasterblasterは、スキーマガジン各社が主催するテストで多くの賞を獲得しました!ブラスター(殺し屋)の名に恥じぬ、Jきっての雪上のキラーマシーンです。

ハードパックで高速レース板のようなキレのあるハンドリングと精密さをもつスキーとして設計しましたが、パウダーエリアでも楽しめる遊び心にあふれています。その理由は、Jの他モデルとは異なり、指向性の高いシェイプと持ち上がりの低いテールの組み合わせにあります。雪面と接するエッジ長が伸び、圧雪面のグリップが最大限に高まります。この形状に独自のチタン合金ラミネート構造が組み込まれ、「ブラスター」はマスターの称号にふさわしいパワーを手にしました。

LineのProphetの乗り味が好きだった方は、Masterblasterをきっと好きになるでしょう。預言(Prophet)ではありません。どちらもJがつくったスキーだからです。MasterblasterはProphetの輝かしい未来です。#JMasterblasterSki

THE MASTERBLASTER

THE MASTERBLASTER
"Wild Life - Liam Ashurst x J Collab"

Detail 詳細

THE MASTERBLASTER
"American Sender"

Detail 詳細
no link yet

THE MASTERBLASTER
"Predator - Derek Muscat x J Collab"

Detail 詳細
no link yet

THE MASTERBLASTER™ 仕様

トップ形状:

長さ (cm):168cm, 175cm, 181cm, 187cm
5サイドカットAvg(最小半径 m):17m(181cm)
チップ / ウェスト / テール (mm):125 / 96 / 114mm
ブーツマウント (cm):-6cm

プロファイル形状:

チップ / テール高 (mm):65 / 35mm
ロッカー高 チップ / テール (mm):6 / 3mm
ロッカー長 チップ / テール (mm):38 / 28mm
重量(1/2ペア) (g):2,100g

ロッカー・マッチング・サイドカット™

他メーカーのロッカースキーと異なりJ Skisでは、サイドカットの形状とロッカーの形状が一致しています。複数サイズのラディウスを一つの曲線に組み合わせ、キャンバーの終わりからチップ先端までサーフボードのようにスムーズな放物線を描きます。

この仕様により、円滑なチップ形状が完成しました。大きな捻れやフラットな箇所、不自然な変化はありません。このロッカーチップのおかげで、パウダーではサーフィンライクに自然な浮上感をもたらす一方、雪面を捉えるエッジのグリップは極大増し、チップの不自然な挙動は極力抑えられます。

ハードパックからパウダーまで、その正確かつ自然なターンの感覚を味わえば、きっと驚くことでしょう!


THE MASTERBLASTER™ 受賞歴

FREESKIER MAG EDITOR'S PICK 2018

POWDER MAGAZINE SKIER'S CHOICE 2018

SKI MAG BEST IN TEST 2018

FREESKIER MAG EDITOR'S PICK 2017

POWDER MAGAZINE SKIER'S CHOICE 2017


THE MASTERBLASTER™ 構造

Jは20年以上、最も革新的で多くの賞を受賞したスキーの設計と開発に携わってきました。スキーの製作現場において、斬新なデザインやアイディアはもちろん大切な要素ですが、まずはパフォーマンスと耐久性が求められます。プレミアムスキーの名に恥じない構造のためには、なによりも最高品質の材料を使うことです。J Skisではスキーを直接販売しているため、削減した流通コストのお金を高価な材料の使用に、より多く投資することができます。J Skisで滑った最初のターンの瞬間。その興奮が数年後も得られる。そんなプレミアムな一瞬のためにJ Skisは長い時間をかけて最高品質の材料を選びました。

  1. TITANALメタルのラミネート
  2. メイプルのウッドコア
  3. サンドイッチ構造のサイドウォール
  4. 分厚いエッジ
  5. シンタードのベース
  6. 衝撃吸収ゴムのラミネート
  7. 擬似等方性ファイバーグラス
  8. 高画質デジタルプリント

THE MASTERBLASTER 材料

  • 必要な場所でより多くのパワーと安定性!

    このモデルスキーに独特の、私はコアの上部と下部にチタンの金属ラミネートを使用しています。 それを端から端まで走らせる代わりに、金属のラミネートのジオメトリと位置を最適化し、細いストリップだけを中心に動かし、ヒントの前に終わらせます。 この方法では、雪と接触しているスキーの長さに亘って力、安定性および減衰を劇的に増加させるのに十分な金属があるが、ヒントは軽くてスイング重量を大幅に減らし、軽快で活発で楽しいフィーリングを維持する。 スキーメタルジオメトリのテールには少しメタルが少なく、ターンの中でより遊び心があり許された脱出を可能にします。一方、ヒントにはより強力な開始とチャタリングがあります。 あなたはそれを彫っているときにGSレーススキーをしているような気がしますが、タイトな木々、シュート、さらにはバンプでも楽しくて軽快な気がします。 楽しんで!

    1. TITANALメタルのラミネート

  • 生き生きとしたエネルギッシュな感触と長寿命のための最高品質の木材

    動画

    2. メイプルのウッドコア

  • Maximum impact resistant & vibration dampening
    最大限の耐衝撃性と防振性

    素材はUHMW(Ultra High Molecular Weight)という超高分子量のポリエチレン。この超耐久性と衝撃吸収性のある高分子化合物を、サイドウォールの全面に覆いました。車のサスペンションに長いスプリングをセットした時のように、振動を大きく吸収します。

    金属パイプとプラスチックパイプで岩を叩くとき、手に伝わる衝撃は異なります。振動の吸収量の差です。金属エッジに被さるUHMWをサイドウォール全体に使う理由がここにあります。

    サイドウォールには10°の角度がついています。レーススキーのような簡単なチューニングのための、ちょっとですがとっても便利な配慮からです。

    動画

    3. フルハイトのサイドウォール

  • The thickest, most durable edge in the industry
    太くて長持ちするエッジ

    J Skisのエッジはスキー業界の中で最も分厚いサイズ(2.2mm×2.5mm)の硬化鋼を使用しています。 理由は単純。厚みがあるほど耐久性があるからです。

    誤って岩にぶつける。意図的にレールをスライドする。どちらにせよエッジは丈夫でなければなりません。エッジを研磨する場合も、厚みのある方が長い寿命をもっています。

    4. 分厚いエッジ

  • The fastest, thickest, most durable base material
    最高レベルの滑走性と耐久性

    普段着のコーディネートに気を使わないJですが、ベースとエッジのマッチングとなれば話は別です。J Skisの分厚いエッジに合わせて、ベースもスキー業界で最も厚みのある1.8mmサイズを使っています。しかも最高品質の超高分子(UHMW)ポリエチレンのシンタードを選びました。

    高い滑走性。耐久性も最上級。ワックスもよく染み込みます。早い話がベストパートナーのベースです。

    5. シンタードのベース

  • ゴム積層体

    振動を吸収し、デラムのリスクを大幅に低減
    マガジンのようなスキーの構図を考えると、各ページ=スキーの素材のレイヤーです。 それからあなたの雑誌を曲げると、あなたはお互いに対してすべてのページスライドを見るでしょう、これは "せん断"です。 このせん断力は分離しようとするため、スキー板のたわみがなくなるたびにスキー板のすべての層が剥離されたり、ジャンプランディング時にヒントが滑り落ちたりします。 このため、私は全面にスキー板の全周囲に薄いゴムの層を加え、さらに先端と尾を横切って全幅を走らせています。 ゴムは絶縁体として働き、剥離することなく曲がるときに縁部および他の材料が互いに摺動することができる。 これにより、耐久性が大幅に向上し、振動が減少します。

    6. 衝撃吸収ゴムのラミネート

  • 繊維は4方向に走り、エネルギーと強度を最大にします

    ファイバーグラスはギターの弦のように機能します。曲がったときに跳ね返りたい時、それはあなたがスキーで感じるエネルギーやポップです。 しかし、このエネルギーは、実際のファイバーグラスが走る方向にのみ適用することができます。 これは、ガラス繊維の方向性が増すほど、エネルギー、ポップ&レスポンスが向上することを意味します。 業界標準の「3軸」ファイバーグラスは3方向のみで動作しますが、宇宙産業と同様にQuasi Isotropicファイバーグラス構成を採用していますので、できるだけ多くの方向でエネルギーと強度を最大化することができます。0軸、90軸、45軸、-45軸。 それ以上の費用がかかりますが、それはパフォーマンスに値するものです。

    7. 擬似等方性ファイバーグラス

  • あなたはすでに私がグラフィックスに多くの価値を置いていることを知っています! そのため、低解像度の画質で伝統的なシルクスクリーニングの代わりに、あなたは点を見ました! 私はコンピュータの高解像度をプラスチックのトップ&ベースに直接印刷することを可能にする最先端の富士UVフラットベッドプリンタ、170,000ドルのマシンを使用しています。 決断は信じられないほどリアルなので、あなたはスキーを身に着けている数少ないスキーヤーの一人になるでしょう。

    Digitally printing ski graphics

    8. 高画質デジタルプリント