Day 14 スキーバムの灯台守@白馬

電気がきた。

周りが暗いせいか、とても明るく感じる。

これから白馬をめざして全国各地からスキーバムがやってくる。山で滑る期待や不安を背負って。そんなときに立ち寄れるお店をスキーバム商会は目指したい。船乗りにとっての灯台のような存在に。

灯台といっても、実用性と信頼性が第一のプロショップとは違う。スキーバムショップは意外性の店。生活やシーズンの中で方向性を見失ったとき、スキーバムとしてのアイデンティティを意外な形で再確認・再発見できる不変の座標軸となりたい。

夜明け前に白馬入りするスキーバムがひと息つける灯りになりたい。つらい深夜ドライブの先にある期待感。白馬の山で滑る希望の光を絶やさない灯台守になりたい。

Tags: 白馬