Day 17 バム商のバディ誕生@白馬

スキーバム商会の名刺ができた。

黒姫高原在住のデザイナー梨木さんにつくっていただいた。素敵なキャッチコピーとロゴデザインも。ムサいスキーバムショップがおシャレなセレクトショップの装いに見えてくる。デザインの力はすごい。梨木さんの力は言うまでもない。

キャラクターの創造主はイラストレーターのいわしろいずみさん。愛称はカモスキー。「カモ」はカモシカ。白馬の山の主である。「スキー」は当然、「ビッグ・リボウスキ」(*1)に由来する。バム映画の傑作である。カモスキーの斜に構えた感じやとぼけた表情に映画の主人公デュードの姿が重なる。僕のむちゃな注文にちゃんと応えてくれた。いや、それ以上。いのちまで吹き込んでくれたと思う。

カモシカには賢者のイメージがあるが、カモスキーは道化。真実をのべる者である。社会のルールや世間の慣習にとらわれない。常識を疑い、非常識に振る舞う。デュードのように時にはバムが英雄になる。カモスキーのキャラクターを生かすも殺すも僕しだい。うまく付き合っていきたい。

ちなみに、梨木さんとイズミさんは近年、ウロコスキーで愛犬ロキシーと散歩することが日課。僕にとってはスキーバムである。だから、スキーバムショップのコンセプトを理解してくれた。理解するだけでなく、僕以上に考えてくれた。出来上がった名刺を見れば、それが分かる。

スキーバム商会にカモスキーという愛すべきお供(バディ)がついた。スキーバムのみなさんのお供になれるようなお店をつくっていきたい。


*1「ビッグ・リボウスキ」の影響はTGRの「タンジェリンドリーム」やブラックダイアモンドのリボウスキ祭りなどにも見られる。

Tags: スキーバムショップ